なんとな~く photo日記

  北国でのほほ~んと暮らす主婦の日々

 
有楽製菓 HP ブラックサンダー プリティスタイルティラミス 130円
 2019年9月30日発売

HPより
人気スイーツ「ティラミス」をブラックサンダーで表現!!
ブラックサンダーに、ほろ苦いコーヒー味のスポンジとマスカルポーネチーズパウダーを配合!優しい食感と濃厚な味わいにこだわりました。
コーティングチョコレートの油脂を改良することで、手につきにくい仕様(当社ブラックサンダー比)となっています。

 ・1袋(54g)当たり 290kcal

ブラックサンダー プリティスタイルティラミス 130円

後ろ
9個入っていました。(1個は切りました)
並べました

ティラミスの味をちゃんと感じます。
美味しいです。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト



 
アサヒビール HP HP アサヒ レッドアイ 176円
  ・アルコール分 3%  ・2012年6月12日発売

HPより
KAGOMEのトマト1個分を使用した、トマトのビアカクテル「レッドアイ」。ビール類ならではののど越しにトマトの果汁感が加わって、すっきりとしながらもコクのある味わいが特長です。

アサヒ レッドアイ 176円 横の表示 後ろの表示

2人で分けて頂きますトマトジュースは好きですが、トマトのお酒は飲んだことがなく、気になって買ってみました。
新発売の商品かしらと思ったものの、HPで見ると7年前に発売されたものでした(^^ゞ

アルコールもそれほど感じなく、すごく飲みやすいです。
私は好きですが、夫は苦手な味ということで、結局私がほとんど一人で飲みました。

美味しく頂きました。
 
サンヨー食品 HP
 サッポロ一番 和ラー 北海道 札幌スープカレー風 127円
   2019年10月7日発売

HPより
北海道の「札幌スープカレー」をイメージした華やかなスパイスの風味が特徴のカレー味ラーメンです。
チキンのうまみに、オニオン、ガーリックのコクを合わせ、華やかなスパイスの風味をきかせたスパイシーな札幌スープカレー風スープです。当社独自の特殊製麺技術による、密度感のあるめんのコシと、しっかりとした重量感のあるめんです。具材は、キャベツ、揚げなす、鶏肉そぼろ、赤ピーマンの組み合わせです。

・熱量 307kcal、食塩相当量 4.9g

サッポロ一番 和ラー 北海道 札幌スープカレー風 127円 横の表示 横の表示

フタ 中

お湯を入れて3分後         混ぜて出来上がり!
お湯を入れて3分後 混ぜて出来上がり!

カロリーは割りと控えめです。
麺の食感も良いですし、スープはサラッとしたあっさり系のスープですが、ちゃんと旨みもあり、飽きない味です。
美味しく頂きました。ごちそうさまでした。
 
私のリクエストで、夫と紅葉を見に「札幌国際スキー場」に行くことにしました。
ついでに豊平峡も!と言うと、そちらは却下されました。(^^;
国際スキー場の紅葉シーズンの営業は今日が最終日だそうです。
ギリギリセーフでした。(*^_^*)

同じ札幌市内でも北区の我が家からは1時間ちょっとかかることもあり、長く札幌に住んでいながら、今回が初めての国際スキー場の紅葉です。(夫はスキーでは来ているそう)

朝8時少し前に自宅を出発。
定山渓で国道230号線から道道1号小樽定山渓線に入り、途中のさっぽろ湖に寄りました。




さっぽろ湖 wikipedia  *ダム湖
 札幌市南区定山渓

札幌市南区HPより
さっぽろ湖は、小樽内川をせき止め、平成元年(1989年)に定山渓ダムの貯水池として誕生しました。

第三展望台 9:00到着

さっぽろ湖案内図
さっぽろ湖案内図

さっぽろ湖 第三展望台駐車場での眺め
9:04 さっぽろ湖 第三駐車場での眺め

この辺りの紅葉もきれいです。

500m程行くと、また展望台がありました。

第四展望台 9:07到着

上への階段がありました。   上の展望台
9:08 展望台は上 9:11 上の展望台

第四展望台からの眺め
9:10 第四展望台からの眺め

良い眺めでした。

では、国際へ向かいます。
第四展望台の駐車場から15分程で到着です。


札幌国際スキー場 HP 秋祭り HP wikipedia
 札幌市南区定山渓937   (9:27~10:20)
   ・1978年(昭和53年)オープン
 ・紅葉ゴンドラ往復 大人1,200円×2名

駐車場には9:27到着です。
山頂へのゴンドラは9:30からなので、丁度良い時間です。
入口のセンターハウス右手でゴンドラのキップを購入し、センターハウス中央を通り抜け、左側のゴンドラ乗り場に向かいました。

9:27 国際スキー場到着      ゴンドラ乗り場前は秋祭り準備中
9:27 国際スキー場到着 9:30 秋祭り最終日です

スカイキャビン8 ゴンドラ乗り場
9:31 ゴンドラ乗り場

ゴンドラ乗り場          2Fでゴンドラに乗ります
9:31 ゴンドラ乗り場 9:33 2Fでゴンドラに乗ります

乗り場のポスター等  9:35 ゴンドラから下を撮りました
9:33 乗り場のポスター等 9:35 ゴンドラから下を撮りました
               *ゴンドラからはガラス越しに撮影
9:35 ゴンドラからの眺め(山頂方向
9:35 ゴンドラからの眺め

9:37 ゴンドラからの眺め(山頂方向
9:37 ゴンドラからの眺め

12分程の空中散歩で山頂に到着です。

9:47 山頂のゴンドラ降り場到着  山頂のゴンドラ乗降場
9:47 山頂のゴンドラ降り場到着 9:56 山頂のゴンドラ乗降場

山頂のゴンドラ乗降場の建物の屋上は仮設の「パノラマ展望台」となっています。

パノラマ展望台
9:49 パノラマ展望台 9:53 パノラマ展望台

展望台からの眺めと案内図
9:50 展望台からの眺めと案内図

案内図(展望台から見える景色の案内)
案内図 案内図 案内図

展望台から、祝津方向
9:48 展望台から、祝津方向

展望台から、石狩湾新港・石狩市方向
9:49 展望台から、石狩湾新港・石狩市方向

天気が良ければ利尻富士も見えると書いてありましたが、雲で見えませんでした。

展望台から見るゴンドラ      周辺の山々の紅葉
9:52 展望台から見たゴンドラ 9:53 展望台から見た周辺の山々

スキーコースの案内図      10:01 気温4.6度(ゴンドラ乗降場内)
9:56 こんなスキ-コースがあるんですね 10:01 気温4.6℃

山頂の気温は4.6度でしたが、風もなく、温かい服装で行ったので全く寒く感じませんでした。
では、ゴンドラで下ります。

下りのゴンドラからの眺め(下方向
下りのゴンドラからの眺め 下りのゴンドラからの眺め

左側の上りのゴンドラを見ると、ほぼ人が乗っています。
結構人が来るんですね。(^^ゞ

10:15 下のゴンドラ乗り場周辺の眺め
10:15 下のゴンドラ乗り場周辺の眺め

10:17 下のゴンドラ乗り場周辺の眺め

ゴンドラで山頂には行きましたが、紅葉の景色は降りた下の方で見る景色の方が好きだわ(^^ゞ

秋祭りのポスター
秋祭りのポスター 秋祭りのポスター

チケット
チケット秋祭りも開催されていますが、この後のお昼のことを考え何も食べないでおきました。

駐車場へ行くと車がびっしり。
駐車場への車の列も出来ています。
早めに来て正解でした。(*^_^*)

小樽でお昼を食べて帰ります。

途中にまたダム湖がありました。
駐車場に車も多く停まっています。
気になるので寄っていきます。


オタルナイ湖 wikipedia  *ダム湖
 小樽市朝里川温泉   (10:35-10:40)

グッド!北海道!HPより
オタルナイ湖は小樽市の南東部にある人造湖。朝里ダムが1993年に完成して生まれました。

オタルナイ湖 案内図
オタルナイ湖 案内図

ダム記念館
10:36 ダム記念館

ダム記念館入口の貼り紙  中は資料館
ダム記念館入口の貼り紙 中は資料館

アッ、ヒグマ(@_@) 黒いワンちゃん2匹でした。(^^ゞ
10:39 朝里ダム

オタルナイ湖の紅葉
10:39 オタルナイ湖の紅葉

国際の方が紅葉が進んでいますね。
こちらの紅葉の見頃はこれからかもしれません。

ここを出て少ししたらまた展望台がありましたが、駐車場がいっぱいで寄るのは諦めました。
では、小樽運河の方へ
まずは10分程で国道5号線に出ました。
ここまで来たら慣れた道です。(*^_^*)
チョロチョロしながら目的地に到着。
混む前に、早めのお昼にします。


函太郎 小樽店 HP 食べログこちら
 小樽市港町5-4    (11:12~11:47)

函太郎 小樽店         皿での価格
11:49 函太郎 小樽店 11:38 皿での価格

お品書き
お品書き

本日のおすすめ品
本日のおすすめ品 本日のおすすめ品

11:21 とろサーモン 360円(税別) 11:22 にしん、アジ 各360円(税別)

11:26 納豆巻、梅しそ巻 150円(税別) 11:21 コーン軍艦 150円(税別)

11:28 甘エビ 280円(税別) 11:31 アジ 360円(税別) 11:36 ほたて 560円(税別)

11:43 イカ 360円(税別) 11:32 かっぱ巻 150円(税別)
美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

*お会計は
 150円×4皿+280円×1皿+360円×5皿+560円×1皿=3,240円
   外税10% 324円 合計3,564円也
*駐車場 利用時間 11:11-11:53(42分)
   30分無料、超過30分毎400円なので、料金400円

以前に利用した時に駐車場料金がかからなかったので、無料と思い入口の料金表示を確認せずに入りました。
12分超過しただけで、400円とはちょっと驚きました。
食事もすごくのんびりしましたが、お店を出た後、3~4分ですが店横の小樽運河を見ていました。それなら30分以内に食事済ませること出来たのに・・・。後悔先に立たず(^^ゞ今後は気を付けよう(^^;

ということで、サケが遡上していないかと運河を見てみたんです。
ちなみに、2012年10月 浅草橋・小樽運河・於古発川(おこばちがわ)
サケ遡上の ブログ内記事はこちら

浅草橋・小樽運河・於古発川
 小樽市港町5

11:49 浅草橋          11:50 浅草橋から見た於古発川
11:49 浅草橋 11:50 浅草橋から見た於古発川

残念ながら、サケはいませんでした。


帰路でこの時季恒例の寄り道です。
30分程で到着。


ほしみ橋・星置川
 札幌市手稲区星置 (JRほしみ駅そば) (12:28-12:33)

12:32 星置川 12:32 ほしみ橋

12:30 星置川 12:31 死んでいるサケ

サケのほっちゃれは見ましたが、やはり遡上はもう終わったようです。

さらに、25分程移動。


農試公園・琴似発寒川
 札幌市西区八軒5条西6丁目  (12:56-13:25)

公園案内図
13:21 公園案内図

ツインキャップ
13:22 ツインキャップ

農試公園橋辺りはサケがいない   いたどり橋には?
13:02 農試公園橋辺りはサケがいない 13:07 いたどり橋

ほっちゃれがいます       生きていますが、進んでいません
13:09 ほっちゃれがいます 13:10 生きていますが、進んでいません

いたどり橋で。・・・エッ、サケじゃなくてサクラマスなの?(^^;
13:07 いたどり橋の掲示。サクラマス?

サケの遡上が見れないかと来ましたが、ほっちゃれと、あまり動かないサケだけしか見れませんでした。
遡上はもう終わりですね。
でもいたのは、サケかサクラマスかは私には分かりません(^^;

では、これで帰ります。
 
実家からもらった最中のお吸物です。


京洛 辻が花 HP 花点心 お吸物最中

2個もらいました。        作り方
2個もらいました。 作り方の説明

聖護院かぶら・松茸 赤味噌 HP
聖護院かぶら・松茸 赤味噌 後ろの表示

聖護院かぶら・壬生菜 白みそ HP
聖護院かぶら・壬生菜 白みそ 後ろの表示

左が「聖護院かぶら・松茸 赤味噌」、右が「聖護院かぶら・壬生菜 白みそ」
左が「聖護院かぶら・松茸 赤味噌」、右が「聖護院かぶら・壬生菜 白みそ」

割りました
割りました

お湯を入れ、混ぜて出来上がり!
お湯を入れ、混ぜて出来上がり!

赤みそ、白みそと書いてあったので味噌汁と思ったら、商品名はお吸物でした。
実際に頂くと、味噌汁というより確かに味噌仕立てのお吸物という感じがします。
上品なやさしいお味で美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。
 
今年はスーパーでお手頃価格の国産松茸を見かけなくて、松茸を食べずに秋が終わりそうでしたが、先日大丸に行ったついでにカナダ産の松茸を買ってきました。
カナダ産松茸は2度目です。(前回はこちら

カナダ産 松 茸 1,080円

カナダ産松茸
カナダ産松茸 横から

中           並べました
中 並べました

32.5g        35.5g        31.5g
32.5g 35.5g 31.5g

合計 99.5g           炊けました
99.5g 炊飯器で炊きました

頂きます
頂きます冷凍したものを実家にも持って行こうとお米は3合に、松茸は小分けした時に具として1個以上入るように、薄く切りました(^^ゞ
(前回のレシピと同じです)

風味は物足りなかったですが、今年は無事松茸を食べられました(*^_^*)

ごちそうさまでした。
 
先月飲んだワインです。(^^ゞ


ヴァルモン 702円 
 フランス産

ヴァルモン 702円 ラベル 後ろ


くらしモア フェスティボ 429円 
 イタリア産

くらしモア フェスティボ 429円 ラベル 後ろ



くらしモア カベルネソーヴィニヨン 537円 
 フランス産

くらしモア カベルネソーヴィニヨン 537円  ラベル 後ろ


どれも普通に飲みやすかったです。(^^ゞ

 
先日頂いた群馬県のお土産のこちらを使いました。


正田醤油 HP 文右衛門 丸大豆しょうゆ 200ml

HPより
国産丸大豆を丁寧に熟成させた本醸造のしょうゆです。ずっしりと重みのある口当たりと、香ばしい風味が、しょうゆ本来の豊かな味わいを感じさせます。どんな料理と合わせても、味のベースを決めてくれる頼もしい一品です。

筒入り 文右衛門 丸大豆しょうゆ 200ml 後ろの表示

正田醤油といえば、美智子さまのご親戚ですね。

いつもは減塩タイプの醤油を使っていることもあってか、
こちらの醤油はとてもしょっぱく感じます。
このままではしょっぱくて、食べ物にかけるにはちょっとツライ(^^;

普段はやさしい味の炊き込みごはんをこの醤油を使えば濃いめになって、それもおいしいかもと思い使ってみましたが、しっかりとした味の炊き込みごはんとなり美味しかったです。
料理に使おう(*^_^*)