なんとな~く photo日記

  北国でのほほ~んと暮らす主婦の日々

 
行楽の秋!!どっか行こう(^^ゞ
さて、どこ行く?
夫「小樽の似鳥美術館行こう。」
私「サケの遡上も見られたら良いなぁ。」
小樽に決定。10時45分頃出発

銭函経由で行こうと思ったものの、途中でほしみ駅そばの星置川にちょっとだけ立ち寄り。
サケはいなかった(^^ゞので、そこからすぐ5号線へ。
それが失敗だったぁ。渋滞に入ってしまいました(-_-;)
そうだった、札樽自動車道の朝里IC⇔銭函ICで交通規制って言ってたんだぁ。その関係で5号線が混んでいるんだわ。
後の祭りでした。昔の小樽への渋滞を思いだすわ。

新南樽市場 HP  ストリートビューはこちら
新南樽市場11:55新南樽市場に立寄り。
そばを通った時にダイソーの看板が見えて、ダイソーに用があるのを思い出して寄りました。
ついでに市場も見て、食堂で何か食べれるかなぁと思ったけど、私が苦手なものが多くてパス(^^ゞ
ググった蕎麦屋さんにお昼に向かいました。

観光地を通り過ぎて、住宅街へ。


12:23 きむら 到着
手打ち蕎麦 きむら 手打ち蕎麦 きむら
 小樽市幸3丁目16-8
   ストリートビューはこちら

 食べログ こちら 

夫~とりせいろ 980円
私~せいろ 730円

少しだけ待って、席へ。
私達のあとは、入り口で何組も待たれていました。

12:43 とりせいろ         12:43 せいろ
とりせいろ せいろ

うん、美味しいお蕎麦です。蕎麦湯も美味しい。
ごちそうさまでした。


では、4km程戻って、小樽芸術村へ。
ここからが大変でした。駐車場があまりなくて。
芸術村の提携駐車場は16台なので諦め、
他のコインパーキングを探しましたが満車が多いのです。
最近小樽の観光地の駐車場で高過ぎるところもあると(参考)、
テレビで観たこともあり、料金だけはちゃんと確認して・・・。
ぐる~っと回って、タイミング良くDパーキングで1台出たところに
入ることが出来ました。

Dパーキング 24Hまで600円  参考までに芸術村の提携駐車場
 13:28~  ストリートビューはこちら    ストリートビューはこちら
Dパーキング 提携駐車場は2Hまで無料

芸術村の他、堺町通りも見たかったので3時間位停めることを考えると24Hまで600円は逆に安いかも。

13:38 小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)
13:38 小樽運河プラザ
駐車場の時間・料金を気にしなくていいのは良いわ(*^_^*)
ということで、駐車場そばの運河プラザにも立ち寄り。
観光案内所でもあり、お土産物屋さんでもあります。
グルっと中を見て、また帰りに寄ることにしました。



小樽芸術村
小樽芸術村 HP
 小樽市色内1丁目3-1
       (13:41-15:35) 
   wikipedia こちら

入館料 1名1500円 (3館共通券)
 *似鳥美術館、
  ステンドグラス美術館、
  旧三井銀行小樽支店
   の3館共通のチケット

*3館とも館内は撮影禁止の為、
 館内写真はありません。

チケット             パンフレット
チケット パンフレット

パンフレット           パンフレット
パンフレット パンフレット


小樽芸術村ミュージアムショップ(旧荒田商会) *ショップは入場無料
ステンドグラス美術館(旧高橋倉庫) HP  *大正12年(1923)建築
  ストリートビューはこちら

13:41 到着
13:41 到着下調べなしに行ったので、何が見られるのか、どんな美術館なのか分からずに入ると、あら、ショップでした。
グラスやガラスの置物があり、とてもお安い。良く見るとニトリの商品でした(^^ゞ そうかニトリの芸術村だからニトリの商品を置いているんだぁ。

ここで入館券を購入し、続くステンドグラス美術館を見ました。
美しいです。ステキな空間です。

見終わって、案内図を見ていたら、係の方がご案内しますよということで、旧三井銀行小樽支店近くまで付いてきてくださいました。
ありがとうございます。(*^_^*)

14:03 小樽芸術村 案内図 (中庭にて)
小樽芸術村 案内図 (中庭にて)

14:04 北の金融街 案内図 (中庭にて)
北の金融街 案内図 (中庭にて)

おまけ~ 旧越中屋ホテル HP
旧越中屋ホテル旧三井銀行小樽支店の向かいに12年程前に泊まったホテルがありました。懐かしい(*^_^*)
昭和6(1931)年建築の旧越中屋ホテル。私達が泊まった時は、小樽グランドホテルクラシック(1993-2009)でした。
今は営業はしていませんが、また営業が再開されるといいなぁ。


旧三井銀行小樽支店 HP  *昭和2年(1927)建築

14:06 旧三井銀行小樽支店 正面
14:06 旧三井銀行小樽支店 正面

14:44 旧三井銀行小樽支店 横から
旧三井銀行小樽支店 横からプロジェクションマッピングが天井に投影されています。飽きさせませんね。
建築当時の工事現場の写真があったり、小樽の銀行の年表もあります。地下の貸金庫室など、普段は目に出来ないところを見れて、良かったです!!


似鳥美術館 HP (旧北海道拓殖銀行小樽支店) *大正12年(1923)建築
アールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリー HP (地下1F)
似鳥美術館 ミュージアムショップ *ショップは入場無料
HPより
4階は横山大観、川合玉堂などの日本画、3階は岸田劉生をはじめとする日本・海外の洋画、2階には高村光雲とその弟子たちの木彫などを展示、地下はアールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリーとなっています。

14:46 似鳥美術館
似鳥美術館
ピカソや山下清、棟方志功・・・色々な作品が見られました。
良かったです。

1Fのショップは美術館に関するものもありますが、ニトリの商品も多かったです(^^ゞ

15:35 似鳥美術館
似鳥美術館

「ニトリ 小樽芸術村」とても良かったです!



色内大通り の旧銀行 ストリートビューはこちら

15:35 旧第一銀行 小樽支店
旧第一銀行 小樽支店 旧第一銀行 小樽支店

15:36 旧三菱銀行 小樽支店 インドアビューはこちら
旧三菱銀行 小樽支店 旧三菱銀行 小樽支店
入ってみました。スイーツのお店があり、お土産物も売られています。

15:42 旧百十三銀行 小樽支店
旧百十三銀行 小樽支店 旧百十三銀行 小樽支店
入りませんでしたが、天然石・アクセサリーのお店になっています。


堺町通りを歩いて、ルタオに向かいます。


小樽堺町通り商店街 HP ストリートビューはこちら

15:50 すごい人。海外の方が多いです。    15:51 初めて みのやさんに入ってみました
小樽堺町通り商店街 小樽堺町通り商店街

16:04 北一硝子は混んでいるのでパス  16:04 混んでいますが六花亭・北菓楼に入りました(^^ゞ
小樽堺町通り商店街 小樽堺町通り商店街

16:10 ルタオ本店 HP 到着 ~お買い物です     16:21 ルタオ横のメルヘン広場
ルタオ本店 メルヘン広場

では、臨港線を歩いて、寄り道しながら駐車場に向かいます。

16:32 かま栄 HP 買い物に寄ったけど激混みでパス  16:35 於古発川にサケはいなかった
かま栄 於古発川

16:36 出抜小路HP 中も回ってみました 16:37 小樽運河・浅草橋 写真だけ
出抜小路 小樽運河・浅草橋

日の入りも近付き、薄暗くなってきました。
運河の方も歩きたかったのですが、この後、車で寄りたいところもあるので、駐車場の方へ。
最後に駐車場そばの運河プラザに寄ります。

16:43 小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)  16:43 消防犬 ぶん公
小樽市観光物産プラザ(運河プラザ) 消防犬 ぶん公

地ビールを買いに寄りました。

16:52 駐車場到着。3時間半近くの駐車時間でした。
次は車で2km程移動


田中酒造 亀甲蔵 HP 小樽市信香町2番2号
  ストリートビューはこちら インドアビューはこちら


17:07 田中酒造 亀甲蔵 (臨港線側)
田中酒造 亀甲蔵

臨港線側の駐車場には1台も車がなく、中もすいているのだろうと思いきや、激混みでした。裏側の広い駐車場に停めている方が多いようです。18時までのお店ですが、薄暗くなったこの時間もまだ観光バスが来ています。
私達は日本酒1本買って出発。

1.5km程移動して、次のお店へ。

               17:21 大八栗原蒲鉾店
大八栗原蒲鉾店 大八栗原蒲鉾店 HP
 小樽市入船1丁目11-19
  ストリートビューはこちら

   食べログはこちら

かま栄が長蛇の列で諦めたこともあり、こちらのお店にきました。
営業時間は18時までなので、残りは少ないのは仕方ありませんが、量を買うつもりもなかったので大丈夫(*^_^*)
少しだけ買って、帰路へ

                   18:16 銭函のセブンイレブンにて 
                     アイスコーヒー 100円×2
アイスコーヒーあーまた渋滞 
通常の倍近くの時間がかかって銭函駅そばまできました。
ここまできたらあとは渋滞なしで帰れます。ふぅー渋滞疲れだわ。

コーヒー飲みたくて、セブンイレブンへ立ち寄り。
うん、生き返ったわ。(*^_^*)


自宅用お土産(*^_^*)
買ってきました。スーパーで買い物して、19:00頃自宅到着。

ニトリの芸術村はとても良かった。
サケが見れなかったのは残念ですが、またのお楽しみということで(*^_^*)

さあ、夕食
スポンサーサイト