なんとな~く photo日記

  北国でのほほ~んと暮らす主婦の日々

 
台風の影響で朝からドタバタしていたのに、今度は・・・。


   (ほっかいどういぶりとうぶじしん)
平成30年北海道胆振東部地震   Wikipedia HP 気象庁 HP
   平成30年9月6日3時8分頃発生
    ・天気 晴れ、気温 20.2℃~27.4℃
    ・日の出 5:04、日の入 18:02

北海道新聞9月7日朝刊より
北海道新聞9月7日朝刊より

札幌市北区の我が家は震度5強です。

私は地震の時には起きていて、パソコンをいじっていました。
揺れがすごくなり、夫も起きて、まずは居間のテレビを押さえました。
目の前で照明器具のカサが落ち壊れ、カップボードが揺れ、中からグラス落ちて割れ、ガチャーン、ガチャーンという音におびえ、早く収まることばかり願っていました。
揺れが収まり、スリッパを履いて、カメラを手に室内を確認。
ヒドイ・・・。
立て掛けてあるものは、倒れているのはもちろん。
安定の悪かった鉢植えが1つ倒れ土が散らばって、
電子レンジをのせていたキャスター付き台や横のゴミ箱が動いて、
食器棚の中のお銚子やグラスが扉の内側ではあるものの落ちて、
台所の上の棚の中の安定の悪いものも扉の内側に落ちていて、
洗濯機上の棚から洗剤などが落ちて、キャスター付きの台が動いて、
2Fの書棚の扉が開いて、本等が飛び出て、
各部屋、色々なものが少しずれていました。

落ちたシーリングファンの笠部分(1F居間)
電気は付きます 床に落ちた笠部分

カチッと音がしてハマる笠で、ちゃんと付けていたので、重い照明器具ごと落ちるならまだ分かりますが、笠だけ落ちるとは想像もしていませんでした。
私が立っていた そばだったこともあり、地震の揺れと落ちた音で恐くなりました。

カップボードの上の棚の扉が開き、上段のグラスが落ちて割れました(1F)
上の扉の中の3段ある下の棚 落ちたグラス

上下の2つに扉がついているカップボードの上の扉が開いて、3段になっている棚の一番上にあったグラスが落ちてきました。
棚もかなり揺れて、倒れる不安もありましたが、グラス・カップの破損で済みました。
20年程前に北一硝子で2個買ったグラスが割れ、
5客のコーヒーカップの内の1客が割れ、
あとはオマケですが、ガンプラが壊れ、
プレモルのグラスが1つ割れ、
キリンのグラスも1つ割れ、
愛用の生茶パンダ先生のグラスも1つ割れました。
割れたことよりも、地震で棚が動いて扉が開いてバタバタ音を立て、グラスのガチャン、ガチャンと割れていく音が恐かった。
上の扉のマグネットがやや弱めだったので開きやすかったかもしれません。
余震が心配な今は太目の輪ゴムを取っ手にかけています。


棚から落ちた洗剤類(1F)    書棚から飛び出た本等(2F)
洗濯機上の棚から洗剤や雑巾が落ちてきました。 2Fの書棚の扉が開いて、本等が飛び出てきました。

書棚はとても重いですが、動いてずれてもいました。
上に載せていた箱は落ちる寸前で止まっていましたが。
横にペーパーモップを置いていましたが、なぜか書棚の下に少し入って抜けなくなりました(ーー゛)
2Fは意外にもこの書棚以外は立てかけてあったものが倒れる程度で済みました。

確認していたら、停電になりました。
車庫の車が一番不安ですが、停電では見にいけません。
明るくなったら確認です。
(車庫兼物置なので車のすぐ後ろに棚が、横に自転車もあり、
園芸用支柱が何本も立てかけてあるのです)

暗いですし、停電なので何もできません。

この時はまだ停電が長引くとは思ってもいなかったので、スマホで情報収集。
普段はテレビで災害の情報を得ることが多いですが、停電で観れないのがもどかしいです。

5時前には薄っすらと明るくなってきたので、車庫へ。
セーフでした。園芸用の支柱は倒れていましたが、ガラスに1本当たったままで止まっていてもキズはありませんでした。
棚は弱いヒモではありましたが、念の為に壁の方の梁のようなところに縛っておいたのも良かったでしょうか。倒れていませんでした。園芸の薬剤が数個落ちていた程度で済みました。
この後、棚はさらに紐で縛り、園芸用支柱は横に倒しておき、自転車は車庫から出しておきました。

夫の実家とは連絡がとれなかったものの、近くの身内と連絡を取り義母の無事、様子も地震後1時間もせずに確認できたのでホッとしました。

夫は取り合えず出勤準備です。
シャワーは水も出るしボイラーは灯油だから使用できそうですが、電気も使用するので使えません。
1日位はガマンです。
でも出勤できるの?地下鉄は運休と出ているわ。
バスはこの時点では、情報がなくて・・・。
会社からの連絡もないということで夫は会社に向かいました。
結果的にバスが全線運休となり、行くにも行けず、会社からも
自宅待機との指示が出たそうです。

私は母の通院の付き添いの予定があります。
でも病院今日はやっている?無理かも。
まずは行ってみようと、病院に向かいました。
停電で信号はほぼ消えています。交差点に交通整理のおまわりさんもいません。コワッ。でも事故もなく、譲り合いながらちゃんと走っているのもスゴイなぁと感じました。
母の病院に行くのに、東15丁目屯田通りを走りましたが、ネットで見た道路の陥没・亀裂を実際に見ました。
途中のコンビニでは休業しているところもありましたが、店内は暗くても、外に行列の店舗もありました。
スーパーは営業時間前なのに外に並んでいるし・・・。
何とか病院に着きましたが、案の定休診の貼り紙が出ていました。
実家は断水ということで、我が家から水を持って行き、実家近くの学校ではプールの水をお手洗い用に持って行って良いということで、バケツで運んだりもしました。

昼前に自宅に戻りましたが、まだ停電中でした。
皆さんと一緒です。冷蔵庫の中が心配。
停電が長引けば冷凍庫の中の物はダメになるでしょう。
必要以上には冷蔵庫は開けず、開閉も手早くし冷気を極力逃がさないよう努めました。
アイスクリームが6,7個あったのは勿体ないのでなるべく食べるようにしました。2、3時間置きに1個食べ夫と完食です(^^ゞ
お昼は取りあえずカップ焼きそば。ガスも使えるし、水道水以外に飲料用の水もあるので温かいものが食べれるのは良いです。
掃除機は使えませんが、殆どフローリングのままの我が家はペーパーモップでも大丈夫。水も出るので拭き掃除も出来るし。電気がないと、テレビも見れない、パソコンも出来ない。スーパーは普通に営業している店もなく、行くところもない。そんなことで、こんな時は家の掃除です。暇なようで、忙しく過ごしていました(^^ゞ

夕食は冷蔵庫・冷凍庫のものを使ってカレーライスです。
明るいうちに作って置き、いつもより少しだけ早い夕食にしました。
ペンライト風の懐中電灯を点けて洗い物もしました。

ラジカセ停電なのでスマホばかり使ってもいられません。
そういえば、ラジオがあったような。
でも、探したラジオはどうやら処分していたようです(^^;
その代わり、30年以上前?のラジカセを発見。単三6本で使えます。
午後からはSTVラジオで情報を得ていました。
電気復旧の情報も少しずつ聞こえてきて、我が家方面ももう少しで使えるようになるのではと安心も出来ました。
結果的には6日22時過ぎに電気が復旧しました。
すぐにスマホと予備バッテリーの充電をしました。
テレビで情報を得ることも出来るようになりました。
あとは冷蔵庫・冷凍庫のものが冷えてくれたら・・・。

今の季節だから・・・、これがストーブを使う冬だったらかなりツライ思いをしたはずです。
我が家はこの程度で済んだのは不幸中の幸いです。

今日通ったガソリンスタンドは長蛇の列でした。
やや残量が不安なので、早く落ち着いてくれたら・・・、給油に行きたいです。
家具の転倒防止用の突っ張り棒なども買おうと思いますが、
今日はホームセンターで購入は無理でした。
食品はなんとか大丈夫でしたが、冷凍食品は半解凍状態のものもあったので、早急に使おうと思います。
あとは、スーパーがいつもの品揃えで普通に買い物出来ればありがたいです。

今回の地震は私が体験した地震の中では最大のものでした。
まさか札幌でここまでの地震が来るとは、考えてもみませんでした。
なので、地震対策はほぼしていませんでした。
この地震を教訓に少し考えたいと思います。

余震も続いていますので、皆さん引き続き注意しましょう。



参考 新聞はこんな見出し

地震当日 9月6日の北海道新聞夕刊は号外のような1枚もの
夕刊1面4面           夕刊2面3面
北海道新聞9月6日夕刊1面4面 北海道新聞9月6日夕刊2面3面

9月7日朝刊1面16面       9月7日夕刊1面4面(1枚もの)
北海道新聞9月7日朝刊1面16面 北海道新聞9月7日夕刊1面4面
スポンサーサイト