なんとな~く photo日記

  北国でのほほ~んと暮らす主婦の日々

 
今日の天気 ~ 札幌 10.8-14.9℃ 、日の出3:55 日の入19:16
       鹿児島 19.0-28.1℃ 、日の出5:12 日の入19:25


鹿児島で最後の朝を迎えた宿は
かごしまプラザホテル天文館 HP 鹿児島市山之口町7-8

シャワーを浴びて、6:30からの1F朝食会場へ。
楽天トラベルの「朝ごはんフェスティバル2018」で鹿児島県第2位を獲得したホテルということで楽しみです。

レストラン名は「コモレビ農園食堂 天文館店」HP 食べログはこちら

6:43 夫の朝食
6:43 夫の朝食

6:43 私の朝食
6:43 私の朝食

6:44 鉄鍋味噌汁はイチオシ   6:54 パンは私。最後は2人共コーヒーで。
6:44 鉄鍋味噌汁はイチオシだそうです。 6:54 パンは私。最後は2人共コーヒーで。

7:01 ホテル1F 「コモレビ農園食堂 天文館店」
7:01 コモレビ農園食堂 天文館店 7:01 コモレビ農園食堂 天文館店

鉄鍋味噌汁もカレーもとても美味しいです。
ごちそうさまでした。(*^_^*)

7:02 かごしまプラザホテル天文館
7:02 かごしまプラザホテル天文館 7:02 ベットのマットはエアウィーヴ










朝食後ホテルを撮影

さて、部屋にいてもすることがないので、早めの出発にします。


本日ルート

だいたいのルートです。

ルートナビでは、1.5km、8分程です。
7:33 コインパーキングに到着。こちら 60分100円です。
3分程歩いて↓こちらへ。

西郷隆盛銅像 参考
  鹿児島市城山町4-36 ストリートビュー こちら

7:37 正面から(すぐそばの歩道から撮影) 7:38 斜め前から(すぐそばの歩道から撮影)
7:37 正面から 7:38 斜め前から

7:41 正面 (道路を挟んだ向かい側から撮影)
7:41 正面

7:41 西郷隆盛銅像  7:39 西郷隆盛銅像の大きさ
7:41 西郷隆盛銅像 7:39 西郷隆盛銅像の大きさ

道路を挟んだ向かい側から見るのが良いということで、向かい側に移動し、撮影台にカメラを載せて撮影しました。
身長5257mm、頭の長さが924mmとはかなり大きな像ですね。
見た目はそんなに大きく感じませんでした。

次は隣りの城跡へ。
西郷隆盛銅像前の磯海道の歩道を歩くと街路樹が昨日の知覧で見た街路樹と同じことに気付きました。

7:43 街路樹は何?
7:43 街路樹 7:43 アップ

答えは15分程あとに分かりました。(^^ゞ


                 7:45 工事中(@_@)
7:45 工事中 鶴丸城(鹿児島城)跡
  鹿児島市城山町7番2号

城跡には、「鹿児島県歴史資料センター黎明館(れいめいかん)HPや「鹿児島県立図書館」HPがありますが、そちらはパスします(^^ゞ

その前に、事前の確認不足で、工事中であることは知りませんでした。

見れるところを歩いてみます。

まずは西門へ。

7:52 黎明館案内板
7:52 黎明館案内板

7:49 田の神像 模刻
7:49 田の神 7:50 田の神 7:50 田の神 7:50 田の神

模刻とはいえ、こんなに田の神を見られるとは(@_@)

7:53 北御門の方から見た黎明館・池
7:53 北御門の方から見た黎明館・池

7:53 北御門の方から見て黎明館左側 7:55 さらにその左側
7:53 北御門の方から見て黎明館左側 7:55 さらにその左側

北御門を背にして黎明館の方を見た時の左側は工事中で入ることができません。
鶴丸城御楼門の建設工事ということです。

7:54 天璋院篤姫像 (てんしょういんあつひめぞう)
7:54 天璋院篤姫像 7:54 天璋院篤姫像 碑文

7:59 黎明館敷地内の記念碑等
7:59 黎明館敷地内の記念碑等黎明館の回りをぐるっと1周しましたが、←図でいうと左側の記念碑等が多いところは工事中で入ることが出来ず、見れませんでした。

7:57 この木に名前がついてます
7:57 木に名前がついているわ イヌマキでした。この木の名前が分かりました。
イヌマキです。

駐車場に戻って 8:13出発
車の中から先程歩かなかった歩道の辺りのお堀にハスが咲いているのが見えました。
分かっていたら見ていたのに・・・.

8:16 夫が車中から撮っていました
8:16鶴丸城跡堀のハスの群生
あとで調べるとここは
かごしま自然百選の
「鶴丸城跡堀のハスの群生」
というようです。


西郷隆盛洞窟 参考 鹿児島市城山町 ストリートビューはこちら

8:20 西郷隆盛洞窟
8:20 看板 8:20 西郷隆盛洞窟


ちょっと寄り道して(^^;(道間違っただけ) 目的地到着。


城山展望台 参考 (8:35-9:00)
   鹿児島市城山町

8:45 城山展望台からの見える桜島
8:45 城山展望台からの見える桜島

8:47展望台の辺り          8:52 駐車場へ戻る遊歩道
8:47 展望台の辺り 8:52 駐車場へ戻ります

8:51 城山の案内図
8:51 城山の案内図

8:54 駐車場(@_@)
8:54 観光バスがいっぱい
何だか、人が多くなってきたわと、駐車場に来ると、観光バスが何台もいます。
タイミングよく、城山展望台から桜島を見ることが出来たようで、ホッ。


次は2.2km10分程で到着。


いおワールドかごしま水族館 HP (9:08-11:26)
   鹿児島市本港新町3番地1  ストリートビューはこちら 
  ・入園料 通常 1名1500円のところ、
    平川動物公園(通常500円)との共通券 1600円 利用
  ・駐車料金 400円(1時間迄無料、以降1時間200円)
     *「いお」とは、鹿児島弁で「魚」という意味

営業時間は9:30からですが、海でも見ようと少し早めに来ました。

参考 ウォーターフロント案内板 HP(pdf)

9:12 駐車場から見た水族館   9:17 これはなんだろう…
9:12 駐車場から見た水族館 9:17 これはなんだろう…

9:18 桜島フェリーが見れます  9:18 ボートウォーク(しお風通り)
9:18 桜島フェリーが見れます 9:18 ボートウォーク(しお風通り)

9:19 水族館 横(手前中央は潜水艇はくよう)9:21 水族館 正面
9:19 水族館 横(手前中央は潜水艇はくよう) 9:21 水族館 正面

9:23 水族館前に桜島フェリーターミナルがあります
9:23 水族館前に桜島フェリーターミナルがあります 9:21 フェリー

9:26 新波止砲台跡
9:25 新波止砲台跡の看板 9:26 新波止砲台跡とフェリーターミナル


そろそろ時間です。水族館入口へ。


9:28 水族館前 顔ハメパネル 9:30 順路に従いエスカレーターで2Fへ
9:28 水族館前 顔ハメパネル 9:30 順路に従いエスカレーターで2Fへ

先に待っていた方は入口横のチケット売り場に並んでましたが、私達はチケットを購入済みでしたので9:30で1番に入館できました。
だからといって何の得もありませんが。(^^ゞ
1Fエントランスホールの中央エスカレーターでまず2Fに行きますが、幻想的なエスカレーターで次は何が待っているのか楽しみにもなります。
つかみはOKです!

参考~館内 展示マップ HP

2Fからスタート!
9:30 黒潮大水槽が迎えてくれます 9:34 水中トンネルを通って次へ
9:30 黒潮大水槽 9:34 水中トンネル

「南西諸島の海」コーナーへ
9:34 水槽           9:37 チンアナゴはドーム型の水槽
9:34 水槽 9:37 ドーム型の水槽もよいです

9:38 サンゴ礁水槽          9:38 水槽内の魚の説明
9:38 サンゴ礁水槽 9:38 水槽内の魚の説明

2Fの次は4Fです。
4Fはかごしまの海、錦江湾水槽などがあります。
4Fの途中で5Fの展望ホールに行き、また4Fへ。
5Fはクジラの全身骨格標本があるくらいで、あとは休憩スペースです。

9:48 4Fで。マダイ。       9:58 5F展望ホールからの眺め
9:48 4Fで。マダイ。 9:58 5F展望ホールからの眺め

駐車場から足場があり工事しているのは分かりましたが、そういうことで眺めは悪かったです。

順路に従い次は3Fです。
3Fは、特別展示室、鹿児島の深海、クラゲ回廊のコーナーがあります。

10:05 アマクサクラゲ 10:05 アメリカヤナギクラゲ 10:05 ミズクラゲ
10:05 アマクサクラゲ 10:05 アメリカヤナギクラゲ 10:05ミズクラゲ

イベントの時間HPが近づいてきたので移動です。
水族館ではイベントは外せませんね。

10:15から ジンベエザメの食事の時間(約5分) 2F黒潮大水槽にて

10:10 館内アナウンスで人が集まってきました。
10:10 2F黒潮大水槽前に人が集まってきました

10:19 ジンベエザメの食事タイム    10:20 底の方でクロマグロが別のエサを食べています
10:19 ジンベエザメがエサを食べています 10:20 底の方でクロマグロが別のエサを食べています

10:15の開始時間にはガラスの前にも後ろの席にも多くの人が集まりました。
平日でもこんなにきているのね。

次のイベントの時間があるので会場の屋外に移動です。

10:30から 青空イルカウォッチング (約10分)
    館外イルカ水路にて(無料ゾーン)

会場 水族館に向かって左側  水族館に向かって右側
10:30 会場のイルカ水路 10:32 会場のイルカ水路

館外で一般の方も無料で見ることが出来ます。

10:31 指示通りに動いてくれるイルカです
10:31 イルカウオッチング 10:40 イルカウオッチング

イルカは賢いし、かわいいわ。


では、順路に戻ります。残すは1Fだけです。
1Fはワクワクはっけんひろば、ピラルクー水槽などがあります。

10:50 ピラルクー        10:51 デンキウナギ
10:50 ピラルクー 10:51 デンキウナギ

ピラルクーは世界最大の淡水魚で、現地では4mを超えることもあるそうです。
デンキウナギはイベントで放電もしているようですが、時間が合わないのでパス。

1Fはショップもあるので、サッと見て、次のイベントへ。


11:00から いるかの時間 (約20分)1Fイルカプールにて

7分位前に会場に行きましたが、だんだんお客さんが増えてきて座席はびっしりです。イルカショーは楽しいですからね。

11:03 イルカショー
11:03 イルカショー

11:13 イルカショー       11:18 イルカショー
11:13 イルカショー 11:18 イルカショー

楽しく過ごさせて頂きました。(*^_^*)

では、次は昼食に向かいます。
ルートマップでは、800m4分程というすぐ近くの回転寿司屋さんへ。


廻る寿司 めっけもん ドルフィンポート店 HP HP
  鹿児島市本港新町5番4号 ドルフィンポート1F (11:32-12:03)
    食べログ こちら

お会計は、130円×5皿、194円×2皿、270円×3皿、324円×2皿
       合計 12皿で 2496円(税込)

11:31 ドルフィンポート駐車場到着 11:32 廻る寿司 めっけもん
11:31 ドルフィンポート駐車場到着 11:32 廻る寿司 めっけもん ドルフィンポート店

11:33 お茶は知覧茶     お品書き
11:33 お茶は知覧茶 11:42 お品書き

並ばずに席に着くことができました。(*^_^*)

11:38 店内
11:38 店内

11:46 店内            11:52 店内
11:46 店内 11:52 店内

活気があり、お店の方の接客も良いです。
店内にかかるお品書きには鹿児島産の魚が多く、北海道と違う魚の名前を見ているのが楽しかったです。

11:35 かっぱ巻き130円 11:41 コーンサラダ軍艦 130円 11:43 納豆巻 130円
11:38 夫が食べたお寿司
11:41 鉄火巻 194円 11:46 やりいか 194円 11:56 サーモン
11:44 おしんこ巻 130円 11:57 かんぴょう巻 130円
11:48 アジ 11:51 こんな皿

夫が食べた握りはどれも美味しいということでした。
巻物が多い私ですが(^^ゞ巻き方もきれいでどれも美味しかったです。
こちらのおしんこ巻の中は沢庵と大葉でした。

お店を出る時には入口で待つ人が多くいました。
早めに行って良かったわ。

あと少し観光して、札幌に帰ります。

3.5km、10分程移動です。


世界遺産  明治日本の産業革命遺産
異人館(旧鹿児島紡績所技師館) HP HP (12:14-12:36)
   鹿児島市吉野町9685-15 ストリートビューこちら  駐車場こちら(pdf)
   ・入館料 1名200円×2名

鹿児島市HPより ~日本初の洋式紡績工場である鹿児島紡績所の技術指導にあたったイギリス人技師の宿舎で、1867(慶応3)年に建てられました。日本で最も初期の洋風木造建築の代表的なもので、コロニアル様式のベランダや日本の寸法による設計など和洋折衷の建築様式が特徴です。

12:14 駐車場から見た異人館 12:15 旧鹿児島紡績所技師館について
12:14 駐車場から見た異人館 12:15 旧鹿児島紡績所技師館について

12:15 異人館
12:15 異人館

12:16 出入口           12:16 出入口 上
12:16 出入口 12:16 出入口 上

12:19 1F入った正面       12:25 部屋内
12:19 1F入った正面 12:25 部屋内

12:30 2Fの部屋          12:26 近代化産業遺産の旅
12:30 2Fの部屋 12:26 近代化産業遺産の旅

12:27 かごしま世界遺産の散歩道 ボケボケ(^^; 詳しくはこちらpdf
12:27 かごしま世界遺産の散歩道

12:31 関吉の疎水溝のこと    12:30 寺山炭窯跡のこと
12:31 関吉の疎水溝のこと 12:30 寺山炭窯跡のこと

12:32 寺山炭窯跡
12:32 寺山炭窯跡12:32 寺山炭窯跡

12:33 旧集成館 反射炉のこと
12:33 旧集成館 反射炉のこと
異人館の建物自体を見ると共に多くの展示物を見ることが出来ました。
このあとに行く予定の「関吉の疎水溝」「寺山炭窯跡」の展示物もあり、参考になりました。

では次の世界遺産へ向かいます。

ルートマップでは7.8km、19分程で到着です。


世界遺産  明治日本の産業革命遺産
関吉の疎水溝(せきよしのそすいこう) HP wikipedia (12:56-13:10)
   鹿児島市下田町1263 ストリートビューこちら 駐車場こちら(pdf)

 *集成館事業の動力源となる水を供給した疎水溝の遺構。

12:57 物産館の駐車場から370m 12:58 あと290m 12:58 あと240m
12:57 物産館の駐車場から370m 12:58 あと290m 12:58 あと240m

指定の駐車場に停め、案内に従い歩いて向かいます。

12:59 あと180m アジサイが見頃 13:00 あと100m
12:59 あと180m 13:00 あと100m

田畑に囲まれた車がほとんど通らない道を歩いて行くこともあり、ここに世界遺産があるとは不思議な感じです。

13:00 残り100mの地点には無人の案内所や看板があります
13:00 残り100mの場所です

13:00 関吉の疎水溝について   13:00 明治日本の産業革命遺産
13:00 関吉の疎水溝について 13:00 明治日本の産業革命遺産

13:02 世界遺産 関吉の疎水溝はこの辺りですね
13:02 見えてきました

13:01 見学できるのはここまでです。
13:01 見学はここまで

13:02 見学路地下の水路遺構について
13:02 見学路地下の水路遺構について 13:02 世界遺産 関吉の疎水溝に到着です

13:00 関吉の疎水溝はこの辺
13:00 関吉の疎水溝はこの辺
明治政府誕生(1868年)からさかのぼること16年前の1852年(嘉永5年)に関吉の疎水溝の仕組みが出来たということです。
ここにそんな歴史があるとは・・・。
そして今は世界遺産なんですよね。


参考 録画してあったブラタモリ
    2018年3月18日放送 「#99 薩摩の奇跡」より

関吉の疎水溝1 関吉の疎水溝2

関吉の疎水溝3 関吉の疎水溝4
当時 堰(せき)を造った岩  →   当時のイメージ映像
関吉の疎水溝5 関吉の疎水溝6
当時板をはめダムにしたイメージ映像 この地点がここの場所
関吉の疎水溝7 関吉の疎水溝8

関吉の疎水溝9
実は、録画して観ていませんでしたが、旅行後に観ると、ここにもタモリさんがいらしてました。
旅行の前に観ておかなかったことが悔やまれます。(ーー゛)


では今回最後の世界遺産へ向かいます。

ルートマップでは7.5km、、道を少し間違え(^^ゞ20分程で到着です。


世界遺産  明治日本の産業革命遺産
寺山炭窯跡(てらやますみがまあと) HP wikipedia (13:30-13:40)
   鹿児島市吉野町10710-68 ストリートビューこちら 駐車場こちら(pdf)

 *集成館事業で用いられる燃料の木炭を製造した石積みの炭窯跡。

13:31 駐車場から寺山炭窯跡に向かいます  13:32 あと90m
13:31 駐車場から寺山炭窯跡に向かいます 13:32 あと90m

炭窯跡まで200m程の駐車場に停めました。
関吉の疎水溝同様案内板があるのが分かりやすいです。

13:33 寺山炭窯跡について  13:33 上から見た寺山炭窯跡
13:33 寺山炭窯跡について 13:33 上から見た寺山炭窯跡

遊歩道を行くと、下り道で上の方から炭窯跡が見えました。

13:34 寺山炭窯跡 *この2週間後、豪雨でここが崩落しました
13:34 寺山炭窯跡

13:35 寺山炭窯跡に向かって左側
13:35 寺山炭窯跡に向かって左側

無人でしたが、案内所もありました。(中は見ていません)

13:35 寺山炭窯跡について  13:39 寺山自然遊歩道案内
13:35 寺山炭窯跡について 13:39 寺山自然遊歩道案内

こちらは明治政府誕生(1868年)からさかのぼること10年前の1858年(安政5年)に完成したもので、3基作られたうちの1基のみ現存しているそうです。
先程の関吉の疎水溝同様、こんなところに世界遺産が(@_@)というような場所です(^^;
当時、どうやって炭を集成館の方に運んだのかしら、気になるわ(^^ゞ


鹿児島県の観光はこれで終了です。飛行機は16:10発ですが、お土産を買いたいので、早めに空港に向かいます。

13:50 九州自動車道 薩摩吉田IC
13:50 九州自動車道 薩摩吉田IC
寺山炭窯跡から10分程の薩摩吉田ICから高速に乗りました。。
距離は26km程、14:09溝辺鹿児島空港ICで降りました。
(料金830円)

最後にスーパーでも寄りたいとIC近くをちょっとだけ車で回ったものの見つからず、レンタカー返却前の給油にスタンドへ。
今回最初で最後の給油です。
                  14:36 空港に送ってもらいました
14:36 空港に送ってもらいました。14:26 24.74L、@142円で3513円+外税281円=3794円でした。
給油後すぐそばのレンタカー屋さんへ車を返却に。
そこからの送迎で空港へ行きました。
14:36空港着。
早速お買い物タイムです。

50分程のお買い物タイムを終え、搭乗待合室へ。

15:30 この飛行機に乗ります。
15:30 東京行きの便です


16:10 鹿児島空港 発 → 18:00 羽田空港 着 (乗り継ぎ)
18:40 羽田空港 発 → 20:10 新千歳空港 着

15:48 搭乗案内 17:59 羽田空港の到着口で搭乗口(*^_^*)
15:48 搭乗案内 17:59 羽田空港の到着口

鹿児島からの便が間もなく羽田に着くという時の機内アナウンスで、到着ゲートは23番と聞きびっくり。
羽田から新千歳の便の搭乗口も23番なんです。
移動せずに出たところで待っていれば良いだけです。
ということは今乗った飛行機にまた乗るということ?でした。(^^ゞ
しかも、座席の列の番号が一緒で横に2つ3つ移動するだけ。
機長も同じ方でした。

17:59 この飛行機にまた乗ります(^^ゞ 羽田空港にて
17:59 この飛行機にまた乗ります(^^ゞ 羽田空港にて
鹿児島からの便も、羽田からの便も遅れることなく到着しました。

20:19 高速バスで麻生へ
20:19 麻生行きの高速バスに乗ります。
新千歳から高速バスで地下鉄麻生駅へ向かい、麻生からのバスで帰宅しました。
21:30過ぎ、自宅に無事戻りました。


鹿児島県はとても良いところでした。
またいつか訪れてみたいです。

でも、我が家が一番(*^_^*)


おまけ

旅行中のパンフレット類
旅行中のパンフレット類

自宅用のお土産 その1
自宅用のお土産 その1

自宅用のお土産 その2 (宅配で自宅に送ったもの)
自宅用のお土産 その2 (宅配で自宅に送ったもの)
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
Re: 鹿児島の旅の~4😆
ハッピーままさん、こんにちは(*^_^*)

鹿児島は意外に(^^ゞ楽しかったです。
時間があればもっともっと色々と行きたかったのですが
こんな感じの旅となりました。

2019/07/04(木) 22:11:31 | URL | うさ #-[ 編集]
鹿児島の旅の~4😆
うささん、おかえりなさーい✋~😊。あれこれ見て回り、とっても充実した旅、又、お元気で御帰宅、何よりです😆。これだけの旅のブログ、思い出しながら楽しく、だけではなく大変だったでしょうね。お疲れ様でした🙇。鹿児島は見る所盛り沢山、行ってみたくなりました😊。P.s私は毎日円山公園や北海道神宮をブラブラする位です😅。
2019/07/04(木) 20:42:35 | URL | ハッピーまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::